スローテンポ通信

第 6 号 (第2刷)

 

2017年7月7日 

発行:一般社団法人スローテンポ協会  

329-0403栃木県下野市医大前3-7-4  

☎ 0285-35-2888 

Eメールusagimokamemo@gmail.com 

ブログうさぎもかめも          

   http://usagimokamemo.blog.fc2.com/

 

☆ スローテンポ協会への行き方

 

JR自治医大駅東口から自治医大方向に徒歩5分。車でお越しの方は前もってお電話ください。駐車場をご案内します。

 

 

―――――――――――――――――――――

 文章を書いてみませんか 

 

言いたいことが正確に伝えられるようにお手伝いします。

1000文字程度の文章を、4回で完成させます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

毎週木曜日午後3時〜5時、場所はスローテンポ協会、参加費は1回500円。

お問い合わせは当協会まで。

―――――――――――――――――――――

* 地域を元気にするための 

懇話会

 

毎週水曜日午後3時〜5時、スローテンポ協会で懇話会を開いています。参加費無料、どなたでも参加できます。

―――――――――――――――――――――

 どこにもない変な本屋 

 


 

 スローテンポ書店

7月20日オープン!

営業:10~18時、

・月休み

今、小さな出版社がおもしろい!

 

小さな出版社のユニークな本を専門に扱う小さな本屋です。流れに逆らって、ベストセラーは扱わず、一般書店には並ばないきらりと光る本を売ります。絵本もあります。

場所はスローテンポ協会内にあり、同協会が運営します。

お気軽にお立ち寄りください。

 

高齢者の生きざまは

若者の未来のお手本

 

 

散歩に行ったとき、老夫婦が私の前を歩いていました。おじいさんが押し車をつかみながら、チョコマカと歩いています。

おじいさんの横でおばあさんが、「ほらっ、左!左!左の足をだすのよ」 と何度も号令をかけます。

リハビリなのでしょう。でも、その言い方が少しきつそうに聞こえたので、つい初対面のご夫婦に「お散歩ですか?」 と声をかけました。

おばあさんがこたえました。

「いえ、この先の整形外科医院に行くところです。」

200メートルほど先に整形外科医院の看板が見えました。私はご夫婦に歩調を合わせながら、ゆっくりとお話を聞いてみました。

ご夫婦は、おじいさんが86歳、おばあさんが82歳です。おじいさんが69歳になるまで二人とも働いていたそうです。退職した二人は、旅行の計画をたてて楽しみにしていました。

その矢先、おじいさんが脳梗塞で倒れてしまいました。

1ケ月の入院と退院後の賢明なリハビリで、家の中では自由に動けるようになりましたが、外出したときは思いどおりにはいかないそうです。

そんな話を聞いて、私は人の人生の1ページを見たように思いました。病院が近づくにつれ、ちょっぴり寂しい気持ちになりながらお別れしました。そしていろいろと考えました。

二人は懸命に働いてきたのに一方が脳梗塞におかされてしまった。大変なリハビリの次は高齢という現実が待っていた。子どもがいても遠距離であてにはできない。奥さんも老老介護で疲れているようだ。二人は予想もしなかった困難を背負うことになった。

高 齢化問題が取りざたされて久しくなります。一部の新聞は、団塊世代の存在が高齢化に拍車をかけるといって団塊世代に矛先を向け、これ以上長生きすると若も のに迷惑をかけると暗に主張しています。テレビのバラエティー番組の多くは、高齢者は役に立たず社会に負担ばかりかけると教えます。そうでしょうか?

若ものも社会も納得する高齢者の生き方はないでしょうか。

高齢者には豊富な人生経験があります。身体の衰えという理由で、効率

 

 

優先社会が排除してしまっただけなのです。活躍の場さえあれば能力を活かせます。

高齢者が仕事をして活躍すれば、若者も見ます。若者は老後までの人生を視野に入れて生活設計ができるではありませんか。おまけに、自分はどのような社会に住みたいのかを考えさせてくれます。

高齢者は若い人たちのお手本になればいいのです。長い人生の中で培ったことを、若い人たちに教えてもよいのです。

散歩の老夫婦にも、自分たちにしかできない仕事がたくさんあります。例えば、自分たちが経験で学んだ脳梗塞についてのノウハウを、同じ病気と闘おうとする初心者たちに伝授するのはどうでしょう?

夫自身のリハビリの体験も貴重だし、介護する奥さんの微妙な気持ち変化も貴重です。次世代が学ぶべきことが沢山あるはずです。

そんなことを考えていて、田舎の母を思いだしました。

母は、結婚後70年間農家で鍛えられました。2年前に夫をみとり、今94歳になります。足腰は衰えても、草取りや野菜作りをまだまだ楽しんでいます。

夫が勤め人だったので、母は一人で始めての農業に奮闘しました。牛を飼って乳しぼりをし、その牛乳を農協に出荷していました。子牛を産ませ育てる仕事もやっていました。

養蚕を始めた頃は、蚕(かいこ)に食べさせる桑の葉採りに、子供たちまで駆り出されました。わが家の二部屋を蚕(かいこ)に占拠さたときは、恨めしく思いました。

晩年、母の兄弟たちが病に伏したときにはそれぞれ一生懸命看病しました。特に妹や弟が癌に侵されたときの看病はつらそうでした。

昨年まで私は介護の仕事をし、今は家庭菜園や庭仕事を楽しんでいるのは母の影響かもしれません。最近、私の娘が介護の職に就きました。

人生の選択肢は人それぞれですが、自分が誰かのお手本になれたら嬉しいですね。高齢者の最も大切な仕事は、自らがお手本になって次世代を育てることだと思います。

今朝もテレビで見ました。政治家たちが答弁する姿を、子供たちが見て知らず知らずのうちに学んでいます。未来に生きる子供たちの良いお手本になってほしいものです。 

いつかS

 

inserted by FC2 system